過去記事  2017-01-22

違和感しかない「国内生産を守る」という大義

IT縫製の「シタテル」がアパレルOEMに参入

ウェブ上で縫製工場マッチングするシタテル(熊本県、河野秀和・社長)はこのほど、素材・パーツからパターン、刺しゅうまで、アパレル生産を一括して受注できる新サービス「ジョイントSPA」をスタートした。同社は縫製工場のマッチングを行うサービス「シタテル」を、主に個人や小規模生産をターゲットに展開してきたが、ユーザーの中にデザイナーズブランドや大手アパレルが増加し、要望が多かったことから、パターンや生地、刺しゅう加工などの二次加工などのメニューを拡充。あらためて法人向けのサービスとして打ち出す。

「服を作りたい人」と縫製工場をマッチングするサービス「シタテル」がOEMに参入とのニュース。

熊本発「シタテル」はアパレルの低価格・小ロット生産を実現する、全国の縫製工場と提携で

上記の記事にもあるように、元々は国内縫製工場を守る為に作られたサービス、のはず。しかしそもそもこのサービスで国内縫製工場は守られるのでしょうか。以前から違和感があったサービスですので、ここに個人的な見解を記しておきます。※製造は門外漢に近いので間違っている場合は容赦なくご意見ください。

 

縫製工場とのマッチングサービスは屍製造機?

アパレル業界は他業界からすると比較的参入障壁が低く、事業者数が非常に多いです。最近は寡占化が進み、ユニクロのような一部の大手がシェアを広げていくようになりました。賛否両論あるでしょうが、僕は業界にとってこれは良い傾向だと考えています。(詳しくはこちらをご覧ください。→ 業界再編が活性化の鍵

寡占化が進めば業界への参入障壁は上がり、負け組プレイヤーが減っていきます。しかし、この手のサービスは参入障壁を下げるもの。もちろん新しいプレイヤーが業界に入ってくる事は良い事なのですが、サービス内容が不十分。参入させるなら「物を売るノウハウ」までサポートしなければ確実に死にます。

 理想に近いのはこちらのサービスでしょう。→ CLOSS

CLOSSはブランド立ち上げから売るまでをしっかりとサポート。服を売るのに必要なのはデザインだけでなくMDが不可欠です。(CLOSSの回し者ではありません。)どのアイテムがどの月にどのくらい売れるか、どういったスタイリングで打ち出せばいいか、展開計画も無しに物だけで勝負するのは無謀です。

「そんなものは参入するプレイヤーが努力すればいい。」と言ってしまえばそれまで。しかし売れないプレイヤーが続出したところで事業継続が難しいのですから、結局縫製工場も仕事が無くなってしまうのではないでしょうか。

 

自前で販路を築かなければ下請けからは脱却できない

縫製工場が減っている背景には、ブランド側が常に安定した仕事を供給しない事が挙げられます。縫製工場は言ってしまえばブランドの下請けです。この構図がある限り、安定的な仕事の受注が無いのは仕方が無い事です。これを脱却するには自前で販路を築くしかありません。つまり、

・ブランドが縫製工場を買収する

・縫製工場が自前でブランドを作る

の二パターンです。

海外の一部のラグジュアリーブランドは自前で職人を育成し、サプライチェーンをしっかり確保しています。ZARAは自前で工場を保有しています。過去歴史をさかのぼると、結局ブランドは垂直統合に収斂しています。FCをやって失敗したルイヴィトン、ライセンス商法を辞めたディオール、製造業からSPAに転身したインディテックス(ZARA)etc。これらを鑑みれば自前で「作る」機能と「売る」機能を整備する重要性がわかります。

縫製工場の作る力が素晴らしいのであれば、売る面をサポートし自前で販路を切り開くお手伝いをすればいいのです。口では「産地を守る」と言いながら、結局は工場に自立させずマッチングの手数料をかすめ取るのは見ていて違和感しかありません。それは元々、ブランドと工場をつないでいた「振り屋」と何ら変わらない。

※振り屋はこちらに詳しく載ってます。→ 国内縫製工場の現状はノスタルジー丸出しの物作り論では解決できない 

シタテルにしてもヌッテにしても、そしてファクトリエにしても根本は自立を促していない。今一度、自分たちのビジネスモデルを見返して、本当に循環するビジネスなのか考えてほしいと思っております。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

  • インフルエンサーの賞味期限について

    2018-03-26  PICKS+LITE

    インフルエンサー・タレントが生き残るための考察 僕の経験上の感想だけど、一度人気になって上り坂の状態は、だいたい長くて3年くらいで落ち着く。フォロワーなんかの、他の人から見える数字の伸びも少なくなるけ […]

  • 働く女性に嬉しいサービス!

    2018-03-19  SPECIAL JOURNAL

    アダストリアの店舗出張サービス 「アンデミュウ」が企業にポップアップ出店 アダストリアの20代後半〜30代女性向けブランド「アンデミュウ(ANDEMIU)」が店舗出張サービス「FIT ON ME」を実 […]

RECENT ENTRIES

  • ワーキングとカジュアルの両輪で規模を拡大する「ブルーモンスタークロージング」

    2018-09-03  SPECIAL JOURNAL

    8月に、カジュアルワークブランド「ブルーモンスタークロージング(BMC)」を展開するブリッツワークスの青野睦社長と対談した。 対談記事はこちら↓ 【南充浩×青野睦 特別対談】ジーンズそのものには価値が […]

  • ビッグジョンが東京、大阪に直営店を同時オープン

    2018-08-06  ファッション全般

    8月5日、大阪市南船場にビッグジョンの直営大阪店がオープンした。 同日、東京の祐天寺にも直営東京店がオープンしており、東西2店舗同時オープンで、ビッグジョンの直営店は岡山・児島の本店を合わせて3店舗体 […]

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング