過去記事  2017-09-16

twitterでwebサービスの相談が来たのでブログで返答してみた!

とあるファッション系webサービスを立ち上げた方からtwitterのDMで意見を求められました。

http://recolle.co/

こちらのwebサービスに登録するとIDが発行され、そのIDにハッシュタグを付けて投稿すると登録したメールアドレス宛に割引クーポンが届くというサービス。という訳なので拙い意見ですがお答えさせて頂きたいと思います。

その前にとりあえず登録っと。。

メールアドレスとパスワードを登録して、

Instagramのユーザーネームを登録すると。。

登録完了!ここまでは非常に簡単ですね。店舗名、サービス名、IDと「割引ガチャ」というハッシュタグを付けて投稿するようです。では本題に入りましょう。

 

①質の低い投稿はブランド側にとってメリットがあるのか?
店頭で欲しい商品の写真を撮って投稿さえすれば割引されるところがやや問題。やっつけで投稿されても商品の良さが伝わらず、需要を喚起できないのではないかと思ってしまいます。それだとブランド側はクーポン発行損な訳です。せめてユーザーが試着までしておく仕組みを作らないと綺麗な写真を担保するのは難しいと思われます。

②ていうか割引目的で投稿した後、すぐ消すんじゃない?
僕自身は既におっさんなので若い子の気持ちはわからないのですが、女の子にとって自分のアカウントの投稿内容は自前のアルバムみたいなものだと思っています。だから常に綺麗にしておきたいし、日々編集している印象がありますので、割引目的で「#割引ガチャ」なんていうハッシュタグ付けた投稿をいつまでもほったらかしにしないと思うのです。それってブランド側からしたらちょっと微妙なんじゃないかと。もちろんタイムラインで他のユーザーに訴求はできるのですが、消されたらハッシュタグ検索で引っかからなくなりますし。

③メールアドレスってみんなそんなに使うの?
講師やってますと学生さんのスマートフォンの画面をちょこちょこ目にするのですが、皆さん多くのケースで、

こんな感じになってる訳です。就活の時にメールアドレス作るからその時に「やばい!」ってなってます。こういう状況になっている人って20代の方々は結構いると思います。このサービスのターゲットユーザーがどのあたりなのかは謎ですがブランドラインアップ見たら若いブランド多かったので若者と想定して話を進めます。で、皆さんまだまだキャリアメールしか携帯に登録されてなかったりするんですよ。Gmailを登録するのってちょっとだけ面倒くさいですから。そうなると端末変えた瞬間にそのメールはもう使えなくなる訳で…。日本人のコミュニケーションツールは完全にLINEに移行していますから、LINE@を登録させないと継続して使ってもらえないんじゃないかと思った次第です。

④他社プラットフォームに依存しすぎ?
ハッシュタグが発行されると後はInstagramで投稿するだけなので、Instagramへの依存度が大きすぎます。巨大な企業なのでサービス終了なんて事は近々で考えられないでしょうけど、自前のプラットフォームを拡大する方向にもっていく方がいいのは間違いないかと。どうやらアプリの開発は進んでいるようですが、最初に「Instagramでハッシュタグ付けて投稿したらクーポン発行」と謳ってしまっている分、アプリダウンロードとアプリ上での投稿がやや手間がかかるので、ちゃんとそちらへ移行してくれるか心配ではあります。

⑤Recolleって何て読むの?
おまけです。ユーザーが読みにくいサービス名って個人的に難しいのでは?と思ってます。友人に勧める時にパッと勧めれませんし、間違った名前だと検索でも出てきません。

とまあ、思いついた事をつらつらと書いてみましたので、参考にしてもらえたらありがたいかと思います。ファッションの需要が伸びるような施策を是非今後も積極的に進めていってほしいですね!

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

  • インフルエンサーの賞味期限について

    2018-03-26  PICKS+LITE

    インフルエンサー・タレントが生き残るための考察 僕の経験上の感想だけど、一度人気になって上り坂の状態は、だいたい長くて3年くらいで落ち着く。フォロワーなんかの、他の人から見える数字の伸びも少なくなるけ […]

  • 働く女性に嬉しいサービス!

    2018-03-19  SPECIAL JOURNAL

    アダストリアの店舗出張サービス 「アンデミュウ」が企業にポップアップ出店 アダストリアの20代後半〜30代女性向けブランド「アンデミュウ(ANDEMIU)」が店舗出張サービス「FIT ON ME」を実 […]

RECENT ENTRIES

  • ワーキングとカジュアルの両輪で規模を拡大する「ブルーモンスタークロージング」

    2018-09-03  SPECIAL JOURNAL

    8月に、カジュアルワークブランド「ブルーモンスタークロージング(BMC)」を展開するブリッツワークスの青野睦社長と対談した。 対談記事はこちら↓ 【南充浩×青野睦 特別対談】ジーンズそのものには価値が […]

  • ビッグジョンが東京、大阪に直営店を同時オープン

    2018-08-06  ファッション全般

    8月5日、大阪市南船場にビッグジョンの直営大阪店がオープンした。 同日、東京の祐天寺にも直営東京店がオープンしており、東西2店舗同時オープンで、ビッグジョンの直営店は岡山・児島の本店を合わせて3店舗体 […]

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング