過去記事  2018-01-15

二極化はまだまだ進む

衰退する米百貨店業態の実態

上記リンク先の動画にてアメリカの百貨店衰退の様子が報じられていて、その原因としてAmazonに代表されるようなECの台頭と、ディスカウントストアの存在が挙げられています。

アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる (ガベージニュースより)
Amazonの2016年における北米の売上は903億ドル(約10兆円)。ファッション関連の売上は公表していないようですが、予測では1/4程度ではないかとも言われております。
一方、ディスカウントストアですが、
米国オフプライスストア2強TJXとロスの2016年度決算、ともに増収増益

TJXの年間売上高は331億8400万ドル(1ドル100円換算で3兆3184億円)で前年同期比7%の増加。既存店売上高は5%増加、純利益は22億9820万ドルで前年比1%増。増収増益。

一方、オフプライスストア第2位のロスは、2016年の売上高が128億6676万ドルで前年比8%増加。既存店売上高は4%増、純利益は11億1765万ドルで10%の増加で絶好調。

とこちらも結構な売上をあげていて、北米の小売に影響を与えているようです。日本ではECとファストファッションは既にトレンドですが、アメリカでは更にそこにディスカウトストアも超巨大化しているという、小売業界にとって熾烈な環境。
日本においても、
・リユース市場の拡大(メルカリ・フリルなど)
・プチプラのECモール(SHOPLIST)
・フラッシュセールサイト(GILT・GLADDなど)
のように低価格路線は更に進んでいる様子。今やECモールで売上を伸ばしたいならクーポンを巻かないと厳しいと言われるくらいですし、クーポンなど無くとも、
http://zozo.jp/category/jacket-outerwear/tailored-jacket/?dord=32
上記リンク先のようにテーラードジャケットの最安値がなんと999円。ZOZO TOWNですらこのような状況です。セール時期という事もありますが、ECモールでのセールは常態化しています。SCと同様、プロパー時期などあって無いようなものです。
◯日本はまだまだ二極化の途中
以前、ロンドンの街並みを歩いていた時に感じたのですが、都心部の一等地にひしめき合っていたのはほとんどがファストファッションブランドで中価格帯ブランドはほとんど目にしません。百貨店に入っても、日本のような百貨店アパレルに該当する価格帯やイメージのものは無く、ハイブランドが中心。唯一街でよく見かけたのは「オールセインツ」くらいでしょうか。そんな状況と比較すると日本はまだまだ二極化していないと感じますし、逆を言えば二極化はもっと進むんではないかと。百貨店の衣料品が売れないと嘆いている今の状況はまだ序の口なんではないでしょうか。
◯ディスカウントストアは更に拡大する?
イオンモールが“地域創生”をテーマに新アウトレット建設 1号店は広島

イオンモールは、アウトレットを軸にエンターテインメント性や地域性を組み合わせ、地域経済の活性化を目指す“地域創生型商業施設”「ジ アウトレット(THE OUTLETS)」の建設プロジェクトを発表した。2018年春に広島にオープン予定の「ジ アウトレット ヒロシマ(THE OUTLETS HIROSHIMA)」を第1号店として本格的にスタートする。

アメリカでは拡大しているディスカウントストアですが、日本ではアウトレットが増加中。チェルシーや三井不動産が運営している郊外型のアウトレットはもちろん、上記のようにイオンモールまでもアウトレットに参入。三井不動産はと言いますとECモールに参入してきているのですが、
三井不動産がEC事業に参入、ららぽーとなどと連動した「アンドモール」がオープン
ZOZOTOWNに対抗!なんてメディアは持ち上げていますが、
&mall
実際、サイト上に踊るのはセールにクーポンの文字ばかり。商品もOFFプライスばかりで、結局はアウトレットがECになったような感じです。記事中にある「リアル施設の価値を高める」というのはどこの事なんでしょうか。
これ以外にもベイクルーズのアウトレット業態であり、アウトレットモールでしか見られなかった「B.C STOCK」が一部、都心の街中で見られたり。。以前にも増して、リアル・web共にアウトレットストアが盛り上がっている印象を受けます。
今既に「物が売れない」と嘆いている人たちは、今が最悪の状況などではなく、今後更に厳しい状況が訪れる事を想定しておいた方がいいでしょう。ファストとラグジュアリーの二極化、大手の寡占化、進む低価格志向。欧米の小売市場は決して対岸の火事ではなく、この状況はそのうち日本にも起こりうる事なんではないでしょうか。
note記事はこちらです。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

  • インフルエンサーの賞味期限について

    2018-03-26  PICKS+LITE

    インフルエンサー・タレントが生き残るための考察 僕の経験上の感想だけど、一度人気になって上り坂の状態は、だいたい長くて3年くらいで落ち着く。フォロワーなんかの、他の人から見える数字の伸びも少なくなるけ […]

  • 働く女性に嬉しいサービス!

    2018-03-19  SPECIAL JOURNAL

    アダストリアの店舗出張サービス 「アンデミュウ」が企業にポップアップ出店 アダストリアの20代後半〜30代女性向けブランド「アンデミュウ(ANDEMIU)」が店舗出張サービス「FIT ON ME」を実 […]

RECENT ENTRIES

  • ワーキングとカジュアルの両輪で規模を拡大する「ブルーモンスタークロージング」

    2018-09-03  SPECIAL JOURNAL

    8月に、カジュアルワークブランド「ブルーモンスタークロージング(BMC)」を展開するブリッツワークスの青野睦社長と対談した。 対談記事はこちら↓ 【南充浩×青野睦 特別対談】ジーンズそのものには価値が […]

  • ビッグジョンが東京、大阪に直営店を同時オープン

    2018-08-06  ファッション全般

    8月5日、大阪市南船場にビッグジョンの直営大阪店がオープンした。 同日、東京の祐天寺にも直営東京店がオープンしており、東西2店舗同時オープンで、ビッグジョンの直営店は岡山・児島の本店を合わせて3店舗体 […]

  • ZOZOのPBは200億円売れるのか?

    2018-04-30  過去記事

    ゾゾ初の中期計画、2年後に商品取扱高5000億円突破、PBは3年で2000億円へ 旧型を受け取ったユーザーの60%が計測をしたといい、計測者の50%がプライベートブランド(PB)を購入したが、これまで […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング