ファッション全般  2019-01-26

オーダー市場における採寸ツールをまとめてみた

ZOZOスーツ発表から、ここ最近採寸系のサービスが注目されている印象があります。オーダー市場も活気だっており、スーツ系の企業各社からの提案が目立ちます。オーダースーツは顧客獲得単価が高い反面、一度顧客化するとリピートしやすいという特性がありますから、いかに簡易に採寸ができるか、そしていかに採寸データを多く取得できるかが勝負の分かれ目でしょう。本日はそんな採寸ツールを各社がどんな切り口で提案しているのかまとめてみました。

 

まずはAOKIから3Dスキャナーの提案。

 

AOKIが女性管理職の服を改革 3Dスキャナー計測で新商品

新ラインは、帝人フロンティアと3Dスキャナーによる人体計測サービスなどを行うビーエム・ディーシステムと協業して製作。ビーエム・ディーシステムが年代別に3D計測したサイズのビッグデータを活用し、40~50代のためのAOKI独自の7~15号までの型紙を開発した。
こちらはオーダーというより、3Dスキャナーで収集したデータを活用して既製服を新しく開発したという感じでしょうか。

 

しかし、こちらに関しては既に事例があります。

Bloomingdale’s Installs Body Scanners to Help You Find Jeans That Fit

上記記事からわかるように、ボディスキャナーというソリューションはもうかなり以前にブルーミングデールズが始めちゃってますので、やや今更感があるような気もします。

 

3Dボディスキャンは、人の手を代替できるレベルではない:アパレルリテーラーの現実

かつて語られていた夢は「空港にあるような動く歩道を通り過ぎたら採寸がすべて完了してしまう」ようなものであったと、ボディスキャナーを活用してカスタムメイドのスーツを購入できるアカスタム・アパレル(Acustom Apparel)のCEO、ダン・ノークロス氏は言う。しかし何年もの試験運用を通じてアカスタムのようなブランドたちが達した結論は、フィッティング体験のすべてを3Dボディスキャンで代替することは不可能だということだった。正しいフィットがどのように感じるか、という主観的な感想に加えて、姿勢といった要素も加わり、顧客ごとの好みの問題もあるからだ。

 

ただボディスキャナーは既に廃止に至っているケースもあり、その理由は上記のように身も蓋もないような事を言われております。

 

 

メジャーやスーツ不要、手軽に身体計測が出来るアプリが登場

サイザーは、メジャーやスーツなどを使わずに約2分間でサイズ計測をすることが可能。計測方法はアプリの手順に沿っていくつかの簡単なポーズをとり、計測完了メールが届くとアプリで計測結果を確認することができる。

 

ボディサイズ計測アプリ「サイザー(Sizer)」はアプリでサイズを計測し、ECサイトを運営するブランドに顧客データを提供する感じでしょうか。採寸の手順はめっちゃ簡単で、アプリを起動させてその前でいくつかポーズを取るだけです。ZOZOスーツのように何も着用する必要が無いのでめっちゃ簡単なんですが、これも精度がやや気になります。(ていうか精度良くない…。)

 

 

全身写真2枚で40ヶ所を採寸、カスタムシャツの「オリジナルスティッチ」が身体採寸アプリ発表

昨年8月に開始したボディグラムの初期サービスは、シャツとともに撮影されたA4用紙との比較によりアイテムのサイズデータが読み取れる衣料採寸ツールとして登場。今回発表されたボディグラムは初期の技術を踏襲しつつ、身体採寸ツールにアップデートした。

 

こちらも最近の事例ですが、オリジナルスティッチより採寸アプリが登場しています。こちらはA4用紙との比較でサイズデータを計測するというツールです。オリジナルスティッチは現在会員数が世界で40万人、日本では15万人。コナカが運営する「スーツセレクト」やECモールの「SHOPLIST」でも展開していますし、体系データの計測はそれなりに進んでいるものと思われます。

 

採寸データを取得した結果、自社製品を販売するか他社にデータ提供するかという流れが主流ですね。まだまだ人が採寸してヒアリングする方がアドバンテージありそうな状況は変わらないようで、今のところKASHIYAMA the Smart Tailor‎が本命になるんではないかと思っておりますが…。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング