ブランド・ビジネス  2019-03-17

マッシュスタイルラボのドミナント出店戦略は海外でも同様だった

斜陽と言われるファッション業界において、いつも景気の良いニュースが飛んで来る企業がございます。

 

「スナイデル」新宿ルミネ店が改装 初日は売り上げ1000万円超え

 

マッシュHD8月期、10%増収 売上高は700億円超す

 

スナイデルやジェラートピケ、コスメキッチンなどの人気ブランドを運営するマッシュスタイルラボ。数少ない、国内アパレルで勢いのある企業の一つですね。好調の秘訣は何なのか?といつも調査しているのですが、一つはそのユニークな出店戦略にあるのでは?と考えています。

 

 

○出店ペースがやけに早い?

上記の繊研新聞の記事では営業利益率8%とアパレルにしては高収益ですが、それよりも年商がいつの間にか700億円まで伸びています。2014年までの業績推移が掲載された記事がありましたので下記をご覧ください。

急成長企業マッシュスタイルラボ 伸びている理由を探る①

 

2011年に100億円を超えて、そこから7年で700億円という超ハイペースで売上を伸ばしているのがわかります。2014年にはスナイデル、ジェラートピケが共に100億円弱まで伸びている状況。主要ブランドの店舗数を見てみますと、

 

スナイデル   国内35店舗・海外78店舗
ジェラートピケ 国内56店舗・海外7店舗
フレイI.D.   国内26店舗・海外10店舗
リリーブラウン 国内21店舗・海外19店舗
ミラオーウェン 国内48店舗・海外34店舗
ファーファー  国内5店舗
スタイリング  国内5店舗
セルフォード  国内8店舗

 

と、創設して間もないセルフォードでもうすでに8店舗。スナイデルは海外が国内の2倍以上の店舗数で78店舗。。実は海外展開がめっちゃ進んでいたんですね。しかしスピード感が半端ない。

 

 

○出店の手法が原因?

マッシュのショップ回った事のある人ならわかると思うですが、マッシュ傘下のブランドって大体近くに数店舗出店してるんです。ミラオーウェンの近くにフレイアイディーとジェラートピケとリリーブラウンと…、っていう出店の仕方がよくあるパターンで、ブランドそれぞれの出店場所確認してもらえればすぐわかります。ブランドを横断したドミナント出店戦略と言えそうですそしてこの海外展開の多さ。。もしかしてと思って見てみましたがやはり、

スナイデル出店場所

ミラオーウェン出店場所

 

海外でも同じ手法のようです。これなら出店を一気に加速させられますし、うまく連携取れればスタッフを効率的に使えたり、顧客をシェアできたりもします。マッシュ快進撃の裏にはこういった海外進出のうまさも一つの原因なのでしょう。

 

それ以外に、コスメ事業でも多店舗展開していますし、とにかく出店ペースが早い。出店の為のイニシャルコストによるキャッシュフローや人材の担保や育成などなど、リスクもかなり孕んでいそうですが。。決算書が見れないので在庫の部分がどうなっているかもわかりづらく、ここは何とも言えませんね。

 

マッシュグループ【(株)マッシュホールディングス 他3社 SNIDEL/gelato pique/FRAYI.D/LilyBrown/Mila Owen/CosmeKitchen/Celvoke/emmi】 | 新卒採用・会社概要 | マイナビ2019

 

IRが無いのでマイナビにて詳細を見てみましたが、海外展開する際にはちゃんと現地法人設立しているようです。

あと、驚いたのはウサギオンラインを分社化していた事ですね。EC部隊は完全に別会社なんでしょう。ECだけやりたい人にとっては朗報ですね。

 

急激な拡大がちょっと心配になりますが、独自の出店手法で海外での売上も大幅に伸ばすマッシュスタイルラボ。このペースで成長すると、国内アパレルでもベスト10位以内に入る日もそう遠くないかもしれません。ただ、多店舗展開により恐ろしいのは出店の為のイニシャルコストだけでなく、在庫リスクの増大と人材の担保でしょう。ここの問題をどうクリアしていくかが成長の鍵になりそうです。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング