ファッション全般  2019-03-26

一見なんの変哲もない「STATE OF ESCAPE」と「Hervé Chapelier」のバッグが、おしゃれな大人に支持される理由。

惜しみなく自分の“好き”に投資をしていたら、「え?それがそんなお値段するの!??」と周囲からツッコまれることありませんか?私も無知だったその昔「Hervé Chapelier(エルベ シャプリエ)」を見たときギョッとしたことを覚えています。

 

1976年から続くエルベでいうと、すでにこの43年の間で数回ブームを巻き起こしている偉大なブランドなのですが、このところ改めてエルベを初めとした「一見なんの変哲もないように見える」機能性バッグが、都会のおしゃれな大人たちのメインバッグに昇格しつつあります。

 

 

■ ストリートやスポーティーに舵を切るトレンドのスタイルにアップデートできる

■ 軽くて容量がたっぷり入り、働く女性も1つでラクに持てる

■ シンプルがゆえにコーディネートを邪魔せずスタイリッシュにまとまる

 

 

これに加えて“頑丈” “洗える”など、素材においての快適さを求められる現代にフィットした付加価値が備わっているので、機能性バッグはシンプルながらも納得して投資ができるとっておきになっているわけなんです。

 

 

洗濯機で洗える!モダンな機能美に優れた「STATE OF ESCAPE」。

 

Image by:STATE OF ESCAPE

 

STATE OF ESCAPE(ステート オブ エスケープ)

 

オーストラリアのハンドメイドバッグブランド。

「美しくデザイン性の高い、キャリーオール(あらゆるものを運ぶことができるバッグ)を作る」というコンセプトのもと、2013年現役ワーキングマザーの二人がブランドを設立。表情にエッジをプラスするパンチングを施したネオンプレン素材(ウエットスーツで使用される素材)が特徴で、超がつくほど軽量かつしなやかなバッグです。

 

 

コンパクトにたたんでしまえたり、水洗いができる頑丈な素材がなかなか世にないということで、この弾力性の高いネオンプレン素材を起用。恐れ知らずのその使いやすさは、ビーチなどの水辺、汗をかいたウェアも入れられるためジムやヨガ、旅行にもぴったり。そのまま街へ繰り出しても浮かない実用的なデザインが、なにものにも代え難い魅力となっています。

 

 

審美眼で選ばれる!個性を活かせる配色の「Hervé Chapelier」。

 

Image by:Hervé Chapelier

 

Hervé Chapelier(エルベ シャプリエ)

 

フランスのバッグブランド。

1976年、弱冠26歳にしてエルベ・シャプリエが自身の名でブランドをスタート。当時は異例だったナイロン素材を取り入れたこと、グリップに車のシートベルト素材を使用したことでファッションに敏感なパリの街でたちまち話題となり、今日まで愛されるアイコンに。独特な舟型で整えられたフォルムと個性豊かな配色が特徴で、軽くてへこたれない丈夫な耐久性が持ち味です。

 

 

エルベのシリーズはどれもフォルムはそのままに、素材や大きさ、持ち手の長さで少しずつ異なるアイテムをデザインしていて、各々の用途にあったバッグが手に入るのが嬉しいポイント。レザー調はデイリーユースに、定番のナイロンはランチボックス入れやペットのお散歩に、PPタイプは水に濡れても大丈夫なのでビーチにも転用可。持っているだけで羨望の眼差しを受ける、人を愛し愛されるバッグです。

 

 

素材は上質で、出しゃばりすぎないバッグの存在感。ラグジュアリーブランドのお硬いレザーハンドバッグよりも、フレキシブルに対応できるミニマムな機能性バッグがこれからを創っていきそうな予感がしています。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
松本寧音
WRITER

株式会社StylePicksライター、ディレクター。2017年ファッション専門学校を卒業したのち、株式会社StylePicksへ入社。ライティング業務、コンテンツ制作を中心に、他メディアへの執筆も行う。

FOLLOW
  • Instagram
FOLLOW
  • Instagram

株式会社StylePicksライター、ディレクター。2017年ファッション専門学校を卒業したのち、株式会社StylePicksへ入社。ライティング業務、コンテンツ制作を中心に、他メディアへの執筆も行う。

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング