若者の目  2019-05-22

Best Kicks ”NIKE AIR FORCE1”

スニーカーの事を書き始めるといつもワクワクしている。

ファッションに興味を持ち始めた中学生の頃、教室で買ってもらったばかりの真っ白のスニーカーを自慢したあの頃から何一つとして変わらない感覚。

 

やはり自分は本当にスニーカーが好きなんだなと心から思う。みんなは最新のスニーカーや、コラボ物、レア物に目を輝かせる。

 

筆者もスニーカーが好きな為、ある程度は調べるし、実際に見に行ったりもする。確かに震える程かっこいい物もあったし、面白いモデルも多い。

 

だが、筆者は”息を呑むような息吹を感じるスニーカー”に惹かれる。誰でも履いてる不朽の名作それこそがストリートスタイルには無くてはならない存在だから。

 

今回は、ストリートの頂点に上り詰め、誰もがその名を知る名作。「NIKE AIR FORCE1」について解説して行こう。

 

1980年初頭、当時のバスケットシューズはソールが硬い物が多くバスケットボールプレイヤーはクッション性を高める為、ソックスを何枚も重ねて履いていた。

 

そんな中1982年、”AIRFORCE1”はバスケットシューズとして産声をあげた。ヒールには足への負担を軽減してくれるエアクッション、アウトソールにはあらゆる方向へのスムーズな移動に欠かせないピボットポイント、フィッティングを高める為のアンクルストラップ。

 

当時としては、最新鋭の機能を備えた画期的なバスケットシューズだった。履き心地の良かった”AIR FORCE1”はNBAを代表するモーゼス・マローンやチャールズ・バークレーなど次々とトッププレイヤーを魅了していく。

 

スター選手が愛用する事で注目度が上がったこの頃、スポーツシューズがファッションとして取り入れられ始めた。

 

無駄なデザインを削ぎ落としたミニマルなルックスの”AIR FORCE1”は脱ぎ履きのしやすいローカットモデルがリリースされ、ストリートではファッションとしても幅広く取り入れられスニーカーとしての人気に拍車がかかる。

 

2019年現在もAIR FORCE1は永遠の定番として、決して派手に目立つ事はなく、だが色褪せる事なくストリートで輝きを放っている。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
左内竜也
WRITER

ラグジュアリーブランド、レザーバッグなどの販売経験を経て現在、販売・営業・ライターと幅広く活動中。ストリート・スニーカー関連に精通しており、若者のフィルターを通してファッションを伝えていきます。

FOLLOW
FOLLOW

ラグジュアリーブランド、レザーバッグなどの販売経験を経て現在、販売・営業・ライターと幅広く活動中。ストリート・スニーカー関連に精通しており、若者のフィルターを通してファッションを伝えていきます。

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング