ブランド・ビジネス  2019-06-20

粗利益を深く考えてみよう!①

・粗利益を深く考えてみようではないか!

今回の記事からは、マーチャンダイザー(以下MD)の仕事において、常に意識しなければならない
こと。”粗利益”の話を複数回していきます。

 

過去の記事の復習になりますが、粗利益とは?

”粗利益=売上ー売上原価

上記の図をみてもわかるように、売上から、商品の原価を差し引いた分が、粗利益になります。
そして、過去の記事でも触れたように、MDにとって粗利益を多く獲得する!ということは、
MDの仕事の目的にもなります。

(番外編)なぜ、マーチャンダイザーにとって”粗利益”が大事なのか?

そこで、今回からの記事では、この”粗利益”を更に深堀してみることで、MDの仕事の目的でもある。”粗利益を多く獲得する!”ということは、どのようなことを意識すればいいのか?読者の皆さんと一緒に考えられる機会になればと存じます。

 

 

・粗利益=付加価値

最近、私は暇があれば、会計学。(英語ではアカウンティングと呼ばれます)の勉強をしています。
今回、テーマになっている”粗利益”は、会計学ではどのような位置づけになっているか?皆さんご存知ですか??

会計学では、粗利益は。

 

粗利益=付加価値

 

といわれています。

 

MD的な視点でみれば、顧客が付加価値を感じる商品を多く品揃えし、顧客に喜ばれる回数が増えれば増えるほど、多くの”粗利益”が獲得できるとも、言うことができるでしょう。

しかしながら、この”付加価値”という言葉。私も含め、理解できているようで理解できていない?方
も多くいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そこで、WIKIで”付加価値”という言葉を調べてみると。ざっくり以下のように書かれています。

 

”付加価値とは、 生産によって新たに加えられた価値。”

 

付加価値が高ければ高いほど、粗利益を多く稼げる!ということにもなります。

しかしながら、アパレル・ファッション業界でいう付加価値とは何?なのでしょうか??

 

 

・アパレル・ファッション小売業においての粗利益とは?

そこで、MDの仕事の視点で、粗利益をより多く獲得する方法を簡単に考えると。

 

① (より)売上をあげる
② (より)粗利率をあげる

 

この2つが考えられます。

 

これをアパレル・ファッション小売業界で考えると。
①の代表例は、皆さんご存知の通りUNIQLOを運営するファストリテイリングになります。
ファストリテイリングの粗利率は、業界でもさほど高くはなく?50%以下の粗利率になります。しかしながら、獲得している粗利高は、業界でも断トツの粗利益高になる!ということは、誰でも理解できることでしょう。

 

そして、②の代表例は、ダウンでおなじみのモンクレールになります。その粗利率は、70%後半と、高い粗利率を確保できています。詳しくは、以下深地さんの記事をご覧ください。

Moncler(モンクレール)の4P戦略をまとめてみた!

上記の2つの例をみてもわかるように、”粗利益”を獲得する方法は様々であると考えられます。
次回以降の、記事では更に粗利益を分解し、付加価値と結び付けて考えることで、粗利益を深く皆さんと考えていきたいと思います。

では皆さん。次回も、お楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研plusにて「佐藤せんせの算数で極める達人MDへの道。第2講~算数で極めるMD予算設計の道」掲載中。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。アパレルウェブapalogでブログ掲載中。最近は喋ることが仕事。唯一の趣味は古着収集

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研plusにて「佐藤せんせの算数で極める達人MDへの道。第2講~算数で極めるMD予算設計の道」掲載中。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。アパレルウェブapalogでブログ掲載中。最近は喋ることが仕事。唯一の趣味は古着収集

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング