ブランド・ビジネス  2019-08-29

売上・粗利・仕入・在庫管理表に触れてみよう①

・前回の問題の答えを発表します。

前回の記事では、MDの数字管理においてOTB表は欠かせないものだ!ということを伝えました。

MD数字管理帳票で意識すべきこととは?③

 

そして、記事の最後に問題を出題しました。今回は、その問題の解答を発表します。

 

問題は、以下の通りです。

 

(問題)
あるショップの11月の数字は以下の通りでした。
・期首在庫原価 500万円
・売上1,000万円
・粗利率 50%
・11月の仕入原価実績 700万円

 

でした。11月の期末在庫原価は、いくらになるでしょうか?

という問題でした。以下、問題の答えを発表したいと思います。

 

11月の売上は、1,000万円で粗利率は50%でした。ということは💡

粗利高は、1,000万円×50%=500万円。になります。

すると、11月の売上原価は?

1,000万円(売上)-500万円(粗利益高)=500万円(売上原価)

 

500万円が売上原価になります。

このことは、この連載の前半部分の”売上・粗利益・原価・値入”の意味を知る”というシリーズでずっと伝えてきたことです。

売価とは?原価とは?粗利益とは?値入とは?⑥

上記の計算で売上原価が導きだせましたから、今回の問題の11月の期末在庫原価は、OTBのロジックを使用すれば、導きさせます。

 

((期首在庫原価)500万円+(11月の仕入原価700万円))ー(11月の売上原価)500万円=(11月の期末在庫原価)700万円

 

答えは700万円。ということになります。

 

・上記の問題を図で表現すると

この問題。皆さんすぐに解けたでしょうか?

この問題を私がいつも使っている図の表現をすると、以下のようになります。

この図を見れば、OTB表の構造が。

 

A 売価・原価・粗利益・値入の意味を知る
B OTB(open to buy)のロジックを知る

 

ということがよく理解できますね。

また、このことをExcelで帳票にすると、以下のような表になります。

では、次回は上記のOTB表を使いブランド・ショップ運営をすることで、どのような効果が見込めるのか?という話をしていきます。

では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研plusにて「佐藤せんせの算数で極める達人MDへの道。第2講~算数で極めるMD予算設計の道」掲載中。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。アパレルウェブapalogでブログ掲載中。最近は喋ることが仕事。唯一の趣味は古着収集

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研plusにて「佐藤せんせの算数で極める達人MDへの道。第2講~算数で極めるMD予算設計の道」掲載中。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。アパレルウェブapalogでブログ掲載中。最近は喋ることが仕事。唯一の趣味は古着収集

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング