ブランド・ビジネス  2018-12-11

ZOZOHEATについてweb上の意見をまとめてみた

ZOZOのプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」の新商品となる機能性インナーウェア「ZOZOHEAT」が12月7日の今日、発売された。同日には同社がライブストリーミング配信で商品を説明。1,000以上のサイズ展開で身体と衣服の隙間を無くし、暖かさを逃さないインナーに仕上げたという。 「ZOZOHEAT」には新素材として高品質メリノウールとテンセル™モダールを使用し、高い伸縮性と吸湿発熱性を備えた。フラットシーマで柔らかな肌触りに仕上げ、着心地を追求するため洗濯表示のタグは取り除いた。

 

ZOZOがPBの新商品として新たにZOZOHEATなる製品を発表。完全にユニクロのヒートテックを狙い撃ちした様子で、比較表まで作成して発表。めっちゃユニクロに喧嘩売ってますなぁ…。これに関しては様々思うところがあるのですが、僕のTwitterのタイムライン周りでも盛大にツッコミ入ってましたのでそれぞれ紹介していきたいと思います。

 

 

◯送料入れたらユニクロより高いやん説

 

 

◯そもそも比較表がちょっと違う説

 

 

◯ロゴ使用は大丈夫なのか説

 

 

◯実はユニクロ以外のシェアを取りにいってるんじゃないか説

 

 

 

◯混率的に毛玉すぐできそうだよね説

 

 

◯繊維業界代理戦争説

これに関しては下記のようなお話も出て来ていますが。

 

 

◯1000skuもいらんやろ説

 

 

 

◯投入時期は大丈夫か説?

 

僕の周りは業界人が多いので否定的な意見が多いですね。そういう僕もZOZOHEATには否定的ではありますが。今期200億円見込むPB事業ですが、これを投入してどの程度プラスに持っていけるかはやはり疑問。上記ツイートにもあるようにサイズ展開の多さという強みはカットソーでは強みになりにくいですし、サイズ展開の多さ=消化率が下がるというのは周知の事実。ユニクロのサイズ展開でも相当多いと思うんですが、ユニクロの場合は店舗の多さと型数の少なさから、あの大ロットを実現させています。4Lなんて普通、在庫積むのめっちゃ怖いですが、ユニクロくらいの規模感があるからできる事です。過去実績からも需要予測もできますし。店舗が無い上に、情報がマスにリーチしていないZOZOがいきなり1000skuは自殺行為かと…。

 

一応、下記にポジティブな意見も載せておきます。

 

 

◯マーケティング的に完璧説

 

 

◯はっきりとした挑戦が心地いい説

 

 

◯サイズが安心説

 

 

◯化繊が苦手な方はオススメ説

何はともあれ、ZOZOSUITの時のように、消費者をバカにするような事だけはもうやめてほしいと思う次第です。。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング