ファッション全般  2018-11-26

これからの百貨店アパレルの生存戦略

ワールド、主要アパレルブランドは苦戦もM&Aなどの効果で増収を達成

ワールドの2019年3月期第2四半期(4-9月)の連結決算は、M&Aなどの効果で増収を達成した。利益面では、為替差益の計上などもあり微増益となった。本業の「ブランド事業」は減収減益と苦戦した。「投資事業」や「プラットフォーム事業」など、ほかのセグメントが収益の向上に貢献した。

ワールドの第二四半期決算が発表され、本業では無いところが功を奏し増収達成。上場で得た資金で負債も返済し、状況は良くなっているかと思われます。ただ売上に関しては、ワールドは5年前の2013年度の連結決算では3300億円を超えていました。それが2018年3月の通期決算では2500億円を切るくらいまで縮小されています。2019年3月の通期見通しは2500億店弱と見込んでいて、売上の底は見えたような印象は受けます。営業利益率が5%程度まで上昇していますが、2015年あたりから不採算店舗やブランドを廃止していっており、そこからの売り上げの大幅な低下と販管費の改善が主な原因でしょうか。

推移を見ると、2015年からみるみる売上が下がっているのがわかります。会社に残る利益が倍くらいに伸びてますから、これはこれで良かったんではないかと。ただ、少し気になるのは、

この上期の決算資料より抜粋。資料にもあるように、不採算店舗切ってるのにもかかわらずブランド事業の数字がまだ昨対を割っています。売上構成比が77.8%で昨対95%。

ライフスタイル以外で好調なブランドが無い…。

店舗はこの半期で21店舗減。災害も相まって数字が落ち込んでいる模様。36周目がめっちゃ数字落ちてるんですけど、北海道で地震があったり台風がばんばん来たりって時期ですね。この秋冬、小売店舗は本当売上厳しいと思います。消費マインドも冷え込むし、11月にはオンライン上中心にセールが一斉開始。ブラックフライデーやらサイバーマンデーやら、欧米に合わせて国内でもセールの嵐です。欧米では年始ってセールがそこまで活況じゃないんですけど、日本はメインのセールが年始初売りなのでブラックフライデーに乗っかってしまうと、年明けちゃんと物が売れるのか心配です。

この上期のブランド別売上が上記。ブランド別で見ると、イッツデモ以外めっちゃ下がってますね。全体で増収傾向にあるものの、肝心のブランド事業は下げ止まり見えてないのでは…。

 

○成長のキードライバーはアパレル以外の事業にあり?

ワールドは事業の柱が三つあって、「ブランド事業」「プラットフォーム事業」「付加価値創造事業」と分かれています。

今回の増収の原因であるM&Aを含めた今後の成長戦略が上記。いまいち何が「プラットフォーム」なのかがよくわからん…。「販売」や「物流」や「EC」などの自社の持つリソースをto B向けに開放していくという事でしょうか。

こういうのもその施策の一つなんでしょう。

付加価値創造事業に関しては最近活発な動きを見せているのでわかりやすですね。

サブスクリプション・リユース・クラウドファンディングと、全くの異業種との提携や買収が目立ちます。

そして新事業ではワールドもオーダーサービスに参入予定。。既存ブランドの顧客向けでしょうから、これは普通に効果ありそう。そして、ささげ業務を効率化するサービスの展開まで。やはりto B向け事業は強化していく模様。

 

○百貨店アパレルは自社での商品開発を諦めた?

ワールドに限らず、最近の百貨店アパレルの動向はメイン事業では無いところが活発な印象を受けます。

例えば下記のような事例ですね。

<TSIホールディングス>

こちらは積極的に他社を傘下に収めています。

 

<三陽商会>

三陽商会はファッションテック系に力入れてる印象。個人的にはそこじゃない感が強いですが…。

 

<オンワード樫山>

ストライプとオンワードの提携はアパレル内での事例ですが、あまり見られなかった動きなので抜粋しています。

上記のどの企業も一時期よりは業績も安定しつつありますが、不採算店舗を切って売上を大きく下げながら利益を確保するという動きです。結局、アパレル事業として売上を伸ばすのであれば既存ブランドが伸びるか、新規ブランドがヒットしないと難しいのですが、それができないのが現状なのでしょう。主要販路が機能しづらくなった今、百貨店アパレルが生き残りをかけた変革の時期に入ってきているようです。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

COMMUNICATION

Leave a Comment

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング